下痢の体験談

下痢はやっぱり恐ろしい・・恐怖の下痢体験談

MENU
RSS

下痢の辛い体験談

広島県在住・30代SYさんの体験談

 

30代になってから常に下痢です

 

20代まではむしろ便秘症だったのですが、30代になってからお腹が弱くなったのか、常に下痢気味です。

 

便意をもよおしてから、我慢できなくなる限界までの時間がとても短いので、電車や車に乗る前、食後には必ずトイレに行っておく習慣をつけて対策しています。

 

駅の間隔が長い電車に乗るときはトイレの近くの車両に乗ったり、遅れてはいけない大切な用事の前には、急にトイレに行きたくなったときのために余裕を持った電車に乗るなどしています。

 

消化器科で胃カメラ、腸カメラを飲んだのですが特に異常が見つからず、過敏性腸炎の類ではないかと自分では思っているのですが、診断名は付きませんでした。

 

市販の下痢止めも我慢できない段階になってからでは全く効果が無いので、結局は急な便意に対応できなくならないように予め腸をなるべく空にするように心がけるようにしています。

 

人にあまり相談できない悩みですが、長時間の会議とか、かしこまった場面ではかなり深刻な弊害があるのでなんとか原因がわかって根本的な治療ができればと思っています。

 

食生活も特に辛いものばかり食べているわけでもなく困っています。

 

【PR】下痢の対策は日頃から取り組むことが大切です。
下痢対策に優れた乳酸菌サプリメントを日頃から常飲しておくことで、少しずつお腹の耐性をつけていくことが遠回りなようで、実は1番の対策方法なんです。食文化の変化により食事改善方法が厳しい現代、サプリメントに頼る方が安定した結果に繋がるでしょう。

 

なぜか牛乳をそのまま飲むと下痢になります

 

幼少期は一日1リットルをガブガブと一気に飲んでも平気だった牛乳が、いつからかコップに半分飲んだだけで下痢をするようになりました。

 

でも不思議なことにココアを混ぜたり、カフェオレにしたりすると大丈夫です。

 

息子と毎朝作って飲んでいるバナナ・オーレなんて、コップ2杯飲んでも平気です。

 

どちらかと言うと乳製品も牛乳も苦手ではなく、むしろ好きな方です。

 

なので苦手意識からの下痢といった精神的なものではないのではないか、と自分では思っています。

 

もちろん、牛乳が混ざっているものは大丈夫なのでアレルギーでもないと思います。

 

下痢をすると分かっているのなら飲まなければいいのですが、クッキーなどお菓子を食べているとどうしても牛乳が欲しくなってしまい、少しだけと思い飲んでしまうのです。

 

小学校、中学校と給食で毎日牛乳が出ていましたが、その頃はまだ大丈夫だったと思います。

 

高校生になってからそういう体質になったのだと思うのですが、年々症状がひどくなっている気がします。

 

最初に気づいた頃は「なんかおなか痛いかもー」という程度の腹痛だったのが、30手前の今はトイレに駆け込み、同時に吐き気まで催すのです。

 

なぜだかわかりませんが、上手に付き合っていくしかないのでしょうか。